パーキンソン病・パーキンソン症候群外来 脳ドック 頭痛外来 物忘れ外来
物忘れ外来
この病気も認知症と同様に社会の高齢化とともに増加している疾患で、誰でも発症する可能性があります。歩行障害が症状として見られますので、脳血管性のパーキンソン症候群や特発性正常圧水頭症との鑑別のためMRIが必須です。臨床症状とMRI所見で的確な診断が下されれば、投薬治療のガイドラインもありますので、完治は難しい病気ですが、治療で多くの症状は改善し通常の生活が充分可能となります。下記のような症状があれば、早期に診察を受けてください。
パーキンソン病 4主徴 パーキンソン病

その他、どんな些細な訴えにも耳を傾け、充分な時間をとって問診、診察をさせていただき、MRIやCT所見と合わせて的確な 診断を下し、早期治療に結び付けたいと考えています。また、奈良県下の主な病院の脳神経外科と連携し、もし入院や手術が 必要になりましたら、速やかにご紹介させていただきます。皆様の脳神経の健康を維持していただくために、つづき脳神経外 科クリニックをお気軽にご活用いただければ有難く存じます。皆様の脳のホームドクターにしていただけますように、日々努 力してまいります。